チーム・ブライアン

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

チーム・ブライアン


ファイル: /

内容説明

羽生結弦を頂点に導いた男。フィギュアスケート世界最強コーチが明かす、綿密な戦略と熱い戦いのストーリー。オーサー&ユヅル対談収録! ※この電子書籍には、紙書籍版に掲載されているカラー口絵写真は、収録されていません。予めご了承ください。

目次

はじめに
序 章 ブライアン・オーサー&羽生結弦 師弟対談
 「ユヅルのスケーティングスタイル」を探して
 プログラムを最後まで演じきる力
 「いつも通り」のオリンピックへ
 ブライアンの喜ぶ顔を見て悔しさが嬉しさに
 フィギュアスケートのレベルアップを牽引する
 ブライアンから得たことを伝えたい
第1章 ミスター・トリプルアクセル
 フィギュアスケートと恋に落ちて
 男子フィギュアを変えた震源地
 オリンピックという魔物
 新しいことに挑戦する意欲
 4回転に挑戦

 解説
第2章 キム・ヨナ
 腰を抜かすほどの才能
 毎日泣きながらの練習
 練習を量から質へ
 浅田真央へのライバル心
 ヨナが初めて笑った

 解説
第3章 ユヅルとハビエル
 アダムとクリスティーナ、2つの経験
 ハプニング満載のハビエル
 才能あふれるのにコントロールできないユヅル
 つねに全力で演じるのがユヅルの美学
 選手が2人でも責任は私ひとりで背負う

 解説
第4章 ソチオリンピック
 ユヅルの力強さがぴったりハマる曲
 勢力図が変わった福岡のグランプリファイナル
 見ごたえのあった全日本選手権
 オリンピック団体戦は別の試合と考える
 チーム・ブライアン出陣

 解説
第5章 チーム・ブライアンのコーチング
 チーム・ブライアンの陣容
 パッケージング、マネージング、モチベーティング
 2人のトップスケーターへの接し方
 ISUが求める変化に対応する
 点数を上げるアプローチ

 解説
終 章 ソチオリンピック後、未来へ
 2014年世界選手権でダブル表彰台
 新シーズンのプログラムの決まり方
 無理をしてでも新しい持ち味を探す時期
 ハビエルへ
 ユヅルへ
 My Mission
監修者のことば