死に支度

紙書籍版価格 ¥1,540

死に支度


内容説明

92歳の現役作家であり僧侶として幅広い読者から支持を集める瀬戸内寂聴氏。誰よりも濃く深く生きてきた著者が、卒寿を機に「いつ死んでも不思議ではない。毎日が死に支度」との思いを込めて自らの人生を振り返り、出会ってきた愛する人々の死に様をたどりながら、自らの「理想の死に方」を考えていく。そして最後に行き着いた、意外な境地とは―‐? 今すべての世代に贈る、限りなく自由で温かい「死と向かい合う智恵」!