〈世界史〉の哲学 東洋篇

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,456
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

〈世界史〉の哲学 東洋篇

  • 著者名:大澤真幸
  • 価格 ¥2,808(本体¥2,600)
  • 特価 ¥1,965(本体¥1,820)
  • 講談社(2014/02発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

12世紀頃に、知性をもつ宇宙人が地球にやってきて、その後の人類の運命について予想したならば、中国こそが近代化を主導すると断定したであろう。なぜなら、当時、経済・政治・軍事、あらゆる点においてもっとも発展した地域であったから。にもかかわらず、数百年後の世界を見れば、主導権を握ったのは、中国ではなく、ヨーロッパとアメリカを中心とした西洋となってしまった。どうしてなのか。その原因を精緻な思想で読み解く。

目次

世界史における圧倒的な不均衡
新大陸の非西洋/ユーラシア大陸の非西洋
受け取る皇帝/受け取らない神
「東」という歴史的単位
解脱としての自由
二つの遍歴集団
カーストの内部と外部
救済のための大きな乗り物
「空」の無関心
曼荼羅と磔刑図〔ほか〕

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数5件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす