ブルーバックス<br> 不完全性定理とはなにか

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,080
  • Kinoppy
  • Reader

ブルーバックス
不完全性定理とはなにか

  • 著者名:竹内薫
  • 価格 ¥972(本体¥900)
  • 講談社(2013/06発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

正しくても常に証明できるとは限らない。「証明」を深く考察した「不完全性定理」は真な命題は必ず証明できるはずだと考えていた数学界に、大きな衝撃を与えました。しかし「証明が不可能であることを証明する」ことは数学者にとっても難題です。この難題を、二人の天才はどのように解決したのでしょうか。(ブルーバックス・2013年4月刊)

目次

第0章 こころの準備
第1章 無限に挑んだドン・キホーテ、ゲオルク・カントール(まちがいだらけのカントール 無限ホテルの怪 ほか)
第2章 ラッセル卿の希望を打ち砕いたクルト・ゲーデル(ラテン語の文法を完全にマスターした子供 論理学超入門(真偽表) ほか)
第3章 チユーリングの辞書に「停まる」という文字はない(チューリングの肖像 友人の死と心脳問題 ほか)
第4章 Ω数、様相論理、エトセトラ(グレゴリー・チャイティンとΩ数 いろいろな不完全性 ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件