最強のビッグデータ戦略

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy
  • Reader

最強のビッグデータ戦略

  • ISBN:9784822285012

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

多種多様なビッグデータを駆使するためのヒト、チーム、テクノロジーを探る解説書です。
ビッグデータの「ビッグ」は大きさだけでなく、速度や多様性の増加も意味します。
戦略があってこそビッグデータの価値が生き、データ分析(アナリティクス)が企業戦略の実現を後押しするとして、ビッグデータの扱い方を解説します。
ビッグデータの中で、ウェブデータ、テキストデータなどを取り上げ、その特性と扱い方を詳述します。
アナリティクスのプロフェッショナルには、ビジネス戦略を理解し、問題の枠組みをしっかりとらえ、問題に効果的にアプローチするために必要な分析を生み出せる力が必要です。

目次

第1部 ビッグデータの勃興(ビッグデータとは何か、なぜ重要なのか ウェブデータ―最初のビッグデータ ほか)
第2部 ビッグデータを手なずける―テクノロジー、プロセス、メソッド(アナリティクスのスケーラビリティの向上 アナリティクスプロセスの発展 ほか)
第3部 ビッグデータを手なずける―人とアプローチ(優れた分析を可能にするもの 優れたアナリティクスのプロフェッショナルの特徴 ほか)
第4部 包括的に考える―アナリティクスの企業文化(アナリティクスのイノベーションを可能にするもの イノベーションと発見を可能にするもの)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こまち

2
勝つためにはプレーしなければならない。  すべてのイノベーションが成功するわけではない。  イノベーションゲームをプレーしただけでは、勝つという保証はない。  しかし、プレーしなければ、確実に勝てない。  勝つためにはプレーしなければならない。  ビッグデータを手なずけるための努力をしなければ、チームはビッグデータを手なずけられない。  ビッグデータを分析すれば得られる利点を失うことになる。 2017/02/22

K

2
前半のビッグデータに関する箇所は役に立つ情報がそれなりにあったが、後半のアナリティクスについてはあまり意味がなかった。2015/11/19

ももぶー

2
とても勉強になりました。今までのビックデータのアプローチとは違いそれぞれの項目は深堀せず全体を俯瞰できる内容でした。2013/08/31

Nobuyuki Yamakawa

2
昨年度刊行されたビッグデータ本の中ではもっとも中身の濃い一冊。 他のビッグデータ本2,3冊分の内容が含まれている。 レシピも示されているし、何よりあとがきに書かれているように「企業は今すぐビッグデータの世界に飛び込んで、活用していかなければいけない。先延ばしにする理由は無いのだ」2013/01/09

こまち

1
前半のビッグデータに関する箇所は役に立つ情報がそれなりにあったが、後半のアナリティクスについてはあまり意味がなかった。2017/02/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5735033

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。