ハーレクイン・イマージュ<br> 千と一つの夜を超えて

個数:1
紙書籍版価格 ¥709
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ハーレクイン・イマージュ
千と一つの夜を超えて

  • 著者名:メレディス・ウェバー/結城玲子
  • 価格 ¥648(本体¥600)
  • ハーレクイン(2012/09発売)
  • 敬老の日!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~9/16)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

医師のアレクサンドラは外国人女性患者に請われ、砂漠の国アル・ジャニーンへの帰国に同行することになった。患者の息子で、王国の次期王位継承者アザムが一行を迎えたが、優秀な医師でもあるという彼は、なぜか鋭い目でアレクサンドラを睨む。敵意を向けられるいわれはないが、彼は西洋人を嫌っているのだという。いたたまれない気持ちで帰国の途につこうとしているところへ、国の山岳地帯で救急を要する事態が発生し、二人は現場へと飛んだ。夜になりテントを立てていると、アザムがとんでもない申し出をした。「この国では、他人同士の男女が同じテントで眠ることは許されない。僕たちは今、形だけでも夫婦の誓いを立てなければ――」■シークとして、医師として、圧倒的なカリスマ性を放つアザムの魅力に屈していくアレクサンドラ。どうせ結ばれない仲ならば、形だけの結婚などつらいだけ……。許されない恋、そして次々と立ちはだかる障害に苦悩するヒロインの姿が、せつない涙を誘う感動作です。