なでしこという生き方 - 日本女子サッカーを拓いたひとりの女性の物語

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

なでしこという生き方 - 日本女子サッカーを拓いたひとりの女性の物語


ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

なでしこジャパンと呼ばれる前にも、女子サッカーを支えてきた人間はあまたいる。中でも、サッカーどころ清水の生まれ育ち、ニッポン女子代表を長きに渡って支えてきた本田美登里の物語は、女子の苦難の道そのものだ。女子として初めて指導者のS級ライセンスを獲得した先駆者が、なでしこまでの苦闘と、なでしこジャパンの提言を行う。彼女は、なでしこの中心選手、宮間あやの『育ての親』でもある。女子サッカーの酸いも甘いも知り尽くした人間の独白。

目次

序章 2011年7月18日早朝
第1章 なんで女の子がサッカーやるの
第2章 岡山湯郷Belleを一から立ち上げ
第3章 指導者としての新境地
第4章 おいたち―知らぬ間に受けていた父母の愛
第5章 母から授かったもの、宮間あやに授けたもの
第6章 「なでしこジャパン」強さの本当の秘密