〈世界史〉の哲学 古代篇

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,944
  • Kinoppy
  • Reader

〈世界史〉の哲学 古代篇

  • 著者名:大澤真幸
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • 講談社(2014/02発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

イエスの不条理な死はなぜ必要だったのか。その死と復活を記した福音書の物語は喜劇なのか。近現代社会の根幹をなす、資本主義とキリスト教から全貌を説き明かす。常識を覆しつつ紡がれる、まったく新しい<世界史>という物語。知的興奮に満ちた新しい哲学!

目次

普遍性をめぐる問い
神=人の殺害
救済としての苦難
人の子は来たれり
悪魔としてのキリスト
ともにいて苦悩する神
これは悲劇か、喜劇か
もうひとつの刑死
民主主義の挫折と哲学の始まり
観の宗教
闘いとしても神
予言からパレーシアへ
調和の生と獣のごとき生
ホモ・サケルの二つの形象

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数5件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす