悲しみの涙は明日を生きる道しるべ [絵本は人生に三度]手帖III

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,026
  • Kinoppy
  • Reader

悲しみの涙は明日を生きる道しるべ [絵本は人生に三度]手帖III

  • 著者名:柳田邦男【著】
  • 価格 ¥1,026(本体¥950)
  • 平凡社(2013/12発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

支える人が支えられ、支えられる人が実は支えている、この心の不思議を読み解くエッセイ集。

目次

失われたいのちへの深い哀しみ―『貝の子プチキュー』『ウミガメと少年』『蜘蛛の糸』
つなぐ心、つながるいのち―『約束 「無言館」への坂をのぼって』『海をわたった折り鶴』
子熊の旅立ち、ぼくの成長―『イオマンテ めぐるいのちの贈り物』『なめとこ山の熊』『エゾオオカミ物語』
空から、火が、ふってくる夜に―『カーリンヒェンのおうちはどこ?』『ぼくと弟はあるきつづける』『元気になってねフェンディ』
いのちを守るほんとうの勇気とは―『ヤクーバとライオン1 勇気』『ヤクーバとライオン2 信頼』『ウェン王子とトラ』
戦争に翻弄されたゾウの物語―『カメラを食べたゾウ もうひとつのかわいそうなゾウの物語』『かわいそうなゾウ』
喪失の悲しみからはじまる真の人生―『でも、わたし生きていくわ』『少年の木 希望のものがたり』『やめて!』『その手に1本の苗木を マータイさんのものがたり』
ソフィーの人生を決めた本―『ルリユールおじさん』
木は人の心を耕す―『大きな木のような人』『りんごのおじさん』『エレンのりんごの木』
みずみずしい感性と柵を越える決心―『むこうがわのあのこ』『いつか、きっと』〔ほか〕