夏の日の思い出は心のゆりかご [絵本は人生に三度]手帖II

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,026
  • Kinoppy
  • Reader

夏の日の思い出は心のゆりかご [絵本は人生に三度]手帖II

  • 著者名:柳田邦男【著】
  • 価格 ¥1,026(本体¥950)
  • 平凡社(2013/12発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

誰にも「心の故郷」がある。絵本は、その懐かしい感覚を甦らせ、生きるいのちに潤いをもたらす。柳田邦男が薦める51冊の絵本。

目次

「心の故郷」を呼び覚ます絵本―『よじはんよじはん』『ちょっとだけ』
「ママ」という心を包む羊水―『ママほんとうにあったおはなし』『かあさんから生まれたんだよ』
この子のママは、あなたです!―『みんな、絵本から』『ママ、ぼくのことすき? しろくまポロのしんぱい』『なにがほしいの、おうじさま?』
ぎゅうっとだっこ、ふんわりだっこ―『しゅくだい』『どうぶつのおかあさん』
夏の日の思い出の不思議な力―『かあさんどうして』『うみべのいちにち』『むぎわらぼうし』
意表を突かれて、ふと気づくのは―『としょかんライオン』『まあ、なんてこと!』
むねのなかがあったかくなる時―『テディベアとどうぶつたち』『だいすきがいっぱい』
動物と暮らす心豊かな日々―『おじいちゃんのどうぶつえん』『旭山動物園日誌』
心のゆりかご、四季の変化―『ちいさな島』『みどりの目』
心を豊かにする幻想的な世界―『白い牛をおいかけて』『天使のえんぴつ』〔ほか〕