雨の降る日は考える日にしよう [絵本は人生に三度]手帖I

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,026
  • Kinoppy
  • Reader

雨の降る日は考える日にしよう [絵本は人生に三度]手帖I

  • 著者名:柳田邦男【著】
  • 価格 ¥1,026(本体¥950)
  • 平凡社(2013/12発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

絵本は大人にとって人生の心の友。生きる上で本当に大切なものを気づかせてくれる。大人こそ絵本を読もう!柳田邦男が薦める44冊の絵本。

目次

生きるのを支える心の埋もれ火―『あの路』『おくりもの』
幸せな出逢いの記憶、それは悲しみを癒す―『わたしのくまさんに』『きつねのでんわボックス』
生きなおす力を育む慈悲の心―『きずついたつばさをなおすには』『エレンのりんごの木』
あたたかい場所、つながる心―『だんろのまえで』『あたたかい木』
眠られぬ夜のために―『つみきのいえ』『よぞらをみあげて』
ほんとうの涙、ほんとうのいのち―『ビロードのうさぎ』『とおいとおいアフリカの Elephant Moon』
悲しみの奥山にやすらぎの朝が―『おばあちゃんは木になった』『よあけまで』
青空にうかぶ雲の一つ一つに物語が―『アローハンと羊 モンゴルの雲の物語』『いわたくんちのおばあちゃん』
孤独な心に生きる灯が―『あかいハリネズミ』『たびだちのとき』
心のなかに生きるだいじな人―『ずっとつながってるよ こぐまのミシュカのおはなし』『おかあさんとさくらの木』〔ほか〕