SCREEN Library<br> 植草甚一WORKS〈5〉フランス映画の面白さを語ろう

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,944
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

SCREEN Library
植草甚一WORKS〈5〉フランス映画の面白さを語ろう

  • 著者名:植草甚一
  • 価格 ¥1,234(本体¥1,143)
  • 近代映画社(2010/06発売)
  • 桜開花宣言!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~3/24)
  • ポイント 275pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

マックス・オフュルス、ジャン・コクトー、マルセル・カルネといった芸術派の作品からフィルム・ノワールと呼ばれるフランス独特の暗黒映画まで、1940年代から60年代のフランス映画界の作品・監督・俳優について、豊富な知識をもとにした植草流評論を集めました。

目次

第1章 傑作は名監督の手で(「二百万人還る」;「肉体の悪魔」をめぐって;「快楽」とマックス・オフュルスの手法 ほか)
第2章 フィルム・ノワールと話題作、問題作(「悪魔のような女」;「悪魔のような女」あるいはクルウゾオの精神的自画像;フランスでもギャング映画が大流行 ほか)
第3章 ギャバン、シニョレ、そして監督たち(初めてジャン・ギャバンが書いた手記;シニョレ、その演技;デュヴィヴィエとの一夜 ほか)