紫紅社文庫<br> 日本のラベル - 明治大正昭和

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

紫紅社文庫
日本のラベル - 明治大正昭和

  • 著者名:三好一(生活文化研究)
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • 紫紅社(2010/02発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784879405975
  • NDC分類:674.3

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

商品に貼られたラベルは、その商品の中身を保証する重大な使命を担っているものである。有名ブランドのラベルがいつの時代にも真似をされ、今も昔もラベルをめぐる争いに絶え間がないのは人のよく知るところである。商品が量産され、囲内はもとより世界へ向かってその輸出にも力が入れられ始めた明治時代、当時の政府は商品の利益を保護する手段のひとつとして、明治十七年六月七日、登録商標法を発布した。商標の取締特許法である。そして同年六月九日、農商務省内に商標登録所を設置した。この法の設定により、日本国内で発売される商品のラベルは、商標登録の許可がおりれば法の下にその権利が保障されることになったのである。これを契機に各商社や製造業者などが、同業他社の商標ラベルを収集研究するところとなった。また、商業学校などの教育機関、あるいは趣味の世界の人々がラベル分野にまで収集の手をひろげたおかげで、古いラベルが今も私達の手もとに伝えられたことほ感謝すべきである。残された数多くのラベルを見ていると、ラベル自体よくその時代性を表し、かつデザイン性に優れたものが多いのに驚かされる。本書に紹介されているラベルは明治期のものが多いが、商標登録がその当時になされていても大正期に継続されたものも多いので、大正期の可能性もありうる。今回も商品種別に編集したが、各種商品ラベルの中からサーカスをデザインしたもののみを集めたショータイムページも設けてみた。マッチラベルは品種やデザインがあまりにも豊富なので、本書には収録せず、べつに『マッチラベル」『広告マッチラベル』へ収録した。 ―著者「まえがき」より

目次

伝統的木版貼札(ラベル)と袋
居留地商館ラベル
ビール
蔔萄酒
ブランデー
ショータイム・サーカスのデザイン化
歯ミガキ
石ケン

レモネード・鉱泉・サイダー
日本酒
煙草
茶箱
菓子

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

もっちゃか

11
明治~昭和期の様々な商品のラベルを、「ビール」「石鹸」「薬」などジャンルごとに紹介。本当に色々なラベルが盛り沢山。時代背景に思いを馳せたり、高いデザイン性にうっとりしたり。見ていて飽きないです(*^^*)昔のラベルって、こんなに素敵だったんだな~。2013/05/22

筋書屋虫六

0
仏レンヌ市にあるシルクの美術館に日本から輸出された生糸の商品ラベルが残されていたというのを知ってとても興味が湧き、もっと知りたいとポチリました。こちらは文庫版ですが、1ページに1点掲載の部分が多く、判型の割に図版が大きくて見やすいです。サーカスの図柄とかが面白かった。H9年発行「京都書院アーツコレクション」ー『日本のラベル』の改訂・新装本。2014/12/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/600082

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。