徳間文庫<br> 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一

紙書籍版価格 ¥720
  • ポイントキャンペーン

徳間文庫
沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一


"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

貞元二〇年(西暦八〇四年)。唐の都、長安では、妖異な事件が続いていた。役人・劉雲樵に猫の妖物が憑依し、徳宗皇帝の死を予言。また驪山の綿畑では、皇太子・李踊が病に伏すとの囁き声が。そしてこの二つの「予言」は、やがて現実のものとなった。同年、遣唐使として橘逸勢らとともに入唐した、若き留学僧・空海。道士・丹翁との邂逅を経て長安に入った彼らは劉家の妖物に接触する。空海は、青龍寺の僧・鳳鳴とともに悪い気を落とし、事の次第を聞くことになった……。