ハーレクイン<br> バルセロナの夜に二人は 異国で迎える季節 III

個数:1
紙書籍版価格 ¥733
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
バルセロナの夜に二人は 異国で迎える季節 III

  • ISBN:9784596513557

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

トラベル・コンサルタントのキャロラインは新しいクライアント、ローリー・バークの到着をスペインのリゾート地で待ち受けていた。ローリーは世界規模のセキュリティ会社を経営する富豪で、警備という会社の特性上か、容姿は一般には公開されていない。とはいえ、おそらく経歴から察するに、たくましい男性に違いないとキャロラインは予想していた。やがて現れたローリーは、まさに想像どおりの人物だった。引き締まった体に、精悍な顔立ち、そして……狼を思わせる瞳。その瞳を見た瞬間、過去の記憶がよみがえり、彼の正体に気づいたキャロラインは息をのんだ。■〈異国で迎える季節〉もついに最終話。ラストとなる本作の舞台は熱き国スペインです。内気なキャロラインの前に現れた、かつて愛した人。彼との再会は偶然ではないようで……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

こえん

0
セキュリティ会社を経営する元軍人のヒーローと、10年以上前の17才の時に彼の子供を死産したヒロインの再会もの。偶然の再会でなく、ヒロインの死産のことを時を経て知ったヒーローが償おうと決心したことから…ということで、話がちびっとややこしく。職業柄、計画を立てて段取りを考えることに慣れた冷静なヒーローが、ヒロインの思わぬ反応にたじろぐのが可笑しかった。2010/03/16

Mari

0
★★★★2010/02/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/411461

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。