いつも心に音楽が流れていた

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • Reader

いつも心に音楽が流れていた

  • 著者名:柳田邦男【著】
  • 価格 ¥1,512(本体¥1,400)
  • 平凡社(2013/12発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ひとは何故、音楽に心揺さぶられるのか。時を超えくりかえし聴く幸福、そして遙かなる郷愁の地平…バッハ、モーツァルト、ラフマニノフから、愛すべき演奏家たちまで、いのちと響き合う音楽というテーマを通奏低音にした著者初の「人生と音楽」随想集。

目次

いのちと響き合う音楽
祈りのある時間
帰りたき心の故郷
四季の記憶
四季の貌
心の深層に流れる音の響き
人生を切り拓く言葉