SCREEN新書<br> スクリーンに乾杯!〈1〉映画だけが我が人生(1930年代編)

個数:1
紙書籍版価格 ¥972
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

SCREEN新書
スクリーンに乾杯!〈1〉映画だけが我が人生(1930年代編)

  • 著者名:石森史郎
  • 価格 ¥617(本体¥572)
  • 近代映画社(2009/06発売)
  • 勤労感謝の日 Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~11/26)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

映画やテレビの数々の名作を世に送り出してきたベテラン脚本家・石森史郎。その彼が幼少時から少年・青年時代に観て影響を受け、映画業界に入るきっかけともなり、脚本家としての作劇術を学んだ世界の名画についてのオマージュを綴ります。1巻目は『望郷』や『モロッコ』『駅馬車』といった1930年代の作品群についてです。

目次

この映画に出逢っていなければいまの人生はない フランス映画『望郷』(1937年)
いままでに観たアメリカ映画のベストワン!! アメリカ映画『トップ・ハット』(1935年)
わが恋の終わらざるがごとく…人々の心に残る世紀の名コピー ドイツ映画『未完成交響楽』(1933年)
戦前の若者たちの永遠の恋人コリンヌ・リシュエール フランス映画『格子なき牢獄』(1938年)
ワルツの調べに乗り心に残る名台詞のオンパレード フランス映画『舞踏会の手帖』(1938年)
ただ一度の恋だもの、青春も一度きり、誰にはばかることなかれ ドイツ映画『会議は踊る』(1931年)
娯楽の真髄はメロドラマ。メロドラマにはキザな台詞がよく似合う アメリカ映画『モロッコ』(1930年)
これってアメリカ西部劇の醍醐味?スピードと民謡と人間模様 アメリカ映画『駅馬車』(1939年)