病院の言葉を分かりやすく工夫の提案

紙書籍版価格 ¥2,200
  • ポイントキャンペーン

病院の言葉を分かりやすく工夫の提案


内容説明

医者の使う言葉はなぜ分からない?患者は何が分からないのか?本書は医療者と非医療者を対象にした調査をもとに、医療者がよく使うが患者には伝わらない言葉を厳選、伝わらない理由を3つの類型に分類・解説し、「病院の言葉の言い換え方」を提示する。よりよい医療コミュニケーションのために、医療者・患者双方が使える初の手引書。
※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

目次

類型A 日常語で言い換える(イレウス
エビデンス
寛解
誤嚥
重篤
浸潤
生検
せん妄
耐性
予後
ADL
COPD
MRSA)
類型B 明確に説明する(正しい意味を
もう一歩踏み込んで)
類型C 重要で新しい概念の普及を図る(信頼と安心の医療
ふだんの生活を大事にする医療
新しい医療機械)