SCREEN新書<br> その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか?〈上〉―アメリカ映画界の光と影

個数:1
紙書籍版価格 ¥972
  • Kinoppy
  • Reader

SCREEN新書
その時、ハリウッド・スターに何が起こったのか?〈上〉―アメリカ映画界の光と影

  • 著者名:筈見有弘/渡辺祥子
  • 価格 ¥617(本体¥572)
  • 近代映画社(2008/07発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

イングリッド・バーグマンの不倫騒動やマリリン・モンローの謎の死、疑惑のまま無罪となった妻殺し事件など、華やかなアメリカ映画界の裏にあるスキャンダルの数々。その60年近くにわたるハリウッドの裏面史を、詳細な調査の基にまとめあげた貴重な一冊。映画ファンのみならず、ショッキングな現実に誰しもが驚かされることでしょう。

目次

1949年?1959年(1949年 ハリウッドを揺るがしたビッグ・ロマンス;1950年 エリザベス・テーラーの結婚歴の始まり;1951年 フランク・シナトラの“不倫の恋”が大きな話題に ほか)
1960年?1969年(1960年 モンローとモンタンの不倫騒動で幕を開けた60年代;1961年 大作「クレオパトラ」製作中にトラブルが続発;1962年 セックス・シンボル=マリリン・モンロー衝撃の死 ほか)
1970年?1980年(1970年 反戦運動・フェミニズム…政治活動に熱心なスターたち;1971年 “ロマンスの時代の復活”「ある愛の詩」が大ヒット;1972年 20年ぶりにアメリカに戻った喜劇王チャップリン ほか)