SCREEN新書<br> 映画は“女優”で見る!―映画生活を楽しくするススメ

個数:1
紙書籍版価格 ¥864
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

SCREEN新書
映画は“女優”で見る!―映画生活を楽しくするススメ

  • 著者名:秋本鉄次
  • 価格 ¥617(本体¥572)
  • 近代映画社(2008/07発売)
  • 勤労感謝の日 Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~11/26)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

映画を見るなら監督でもテーマでもなく“女優”で見るという筆者が、なぜ“女優!なのか、“女優”で映画を見るとはどういうことなのかを伝えてくれます。女優のヌード小史やボンドガールについての蘊蓄、そしてキム・ベイシンガー、アンジェリーナ・ジョリーら、筆者の偏愛する女優たち48人についての独断と偏見によるコメントなど、“女優”への愛にあふれた一冊です。

目次

第1章 なぜ“女優”なのか?―まえがきにかえて(テーマでもなく、監督でもなく、男優でもなく!)
第2章 女優なら脱ぐのが当たり前!(ハリウッド女優ヌード小史;ヨーロッパ女優ヌード小史)
第3章 ボンドガールという生き方(ボンドガールたちは、“007と寝る”と見せかけて実は“時代と寝た”のである;初期のボンドガールはあくまでお飾りだった;“悪の自立”を果たした新しいボンドガール像;“ボンドガールの007化”;ボンドガールは永遠に!)
第4章 わが愛しの女優たち(武闘派;知性派;喜劇派;肉体派;悪女派;一発屋)