遺品整理屋は見た!!―天国へのお引越しのお手伝い

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,296
  • Kinoppy
  • Reader

遺品整理屋は見た!!―天国へのお引越しのお手伝い

  • 著者名:吉田太一
  • 価格 ¥756(本体¥700)
  • 扶桑社(2008/06発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

日本初の遺品整理屋・吉田太一が独特の語り口で読者に訴える、壮絶な34のエピソード!孤独死、身内の自殺、負の遺産問題…。これは決して他人事ではない。明日、誰にでも起こりうる現実の全てがここにある。巻末には「死体は語る」の著者、上野正彦氏との対談も収録。あなたの死生観はこの本できっと変わる!

目次

私宛の遺書
“立つ鳥跡を濁さず”とは言うけれど
恐怖巨大バエの館
老人狙いの悪徳商法
縁の切れ目が命の切れ目
いくら血を分けた弟と言われても…
最後まで自立できないまま
目の当たりにした父の腐乱死体
現代日本においての餓死
人のふり見て我がふり直せ
六十歳のきよしファン
介護に疲れたお父さん
正真正銘のウサギ小屋
ある依頼者の手首に
開かずの冷蔵庫
半年間に骨壺が三つも
部屋の壁から異臭が
死者の家賃
天国に行く順番
刑事さんからのひと言に感激
見えない親子の絆
死ぬまで秘密
天国から地獄
二十二歳の選択
悲しい孤独死を迎えないために
離婚しても子供は子供
自殺願望者からの電話
天と地を分けた「ひと言」
死臭を消したキンモクセイ
身勝手な相続放棄
ゴミの中から一本の足が
よくある修羅場
孤独死の現場から母子手帳が
高級マンションの孤独