ジャンプコミックス<br> To LOVEる 〈1〉

紙書籍版価格 ¥429

ジャンプコミックス
To LOVEる 〈1〉

  • ISBN:9784088742786

内容説明

【デジタル着色によるフルカラー版!】超純情君の結城リトは、一大決心をして、憧れの春菜ちゃんに告白しようと試みる。だが、彼女の前へ突如舞い降りた美少女宇宙人・ララに告白してしまい…!? キュートでちょっとHなドタバタ・ラブコメ登場!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

74
中々ドタバタ系でも面白そう。2014/10/20

レリナ

19
面白かった。矢吹先生の描く作品は魅力的なものが多い。リトとララが巻き起こすトラブルは次第に大きくなりつつあり、宇宙人が襲撃してくるデンジャラスな展開に。リトが後継者候補に挙がったことで、さらなるトラブルが。ララの発明品のデザインがいいね。何かしら欠陥があるのはご愛嬌。読みやすい漫画なので、面白かった。BLACK CATから矢吹先生の作品は好きだったので、こうして新たな作品を読めたことは光栄。次巻ではどんなトラブルが巻き起こるのか、楽しみ。次巻に期待。2019/04/30

不自他

17
全てはここから始まった。初期の澄ました春菜ちゃん、懐かしい。手が届きそうで届かない距離感。この頃はメインヒロインオーラを強く持ってたなぁ。2009/06/21

kanon

17
再読開始。何故再読を始めたか、それは「ダークネス」を読む為である。「ダークネス」は購入済みにも関わらず全然読んでいない。それも何故か、それはこの無印とらぶるの17,18巻を持っていなかった為である。そして手に入れた。もう読むしかない、読み進める、「ダークネス」への道を開く為に。もう正直このエロさじゃ物足りないのだ。一巻を読んではっきりわかった。画像サイトで時折見かけてしまう、矢吹先生の試行錯誤の末生み出された「ダークネス」での至高の絵。あれを見てしまったらもう物足りない。世界観をしっかりと掴もうと思う。2013/09/17

sion

14
期間限定無料にて。前から気にはなっていたんだけど何故か読んでなかった作品。昔から画力が高いなー。ブラックキャットを知ってる私からだと当時かなり驚いたよ。2015/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/525355

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数18件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす