とりあえずの殺人 - 長編推理小説

個数:1
紙書籍版価格 ¥754
  • Kinoppy
  • Reader

とりあえずの殺人 - 長編推理小説

  • 著者名:赤川次郎
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 光文社(2011/10発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

表向きはごく平凡な家庭に見える早川家。しかし、その実態は……。母親は大泥棒、長男は殺し屋、美人の長女は詐欺師で、マジメな次男は弁護士、キマジメな末っ子は刑事なのだ! そんな奇妙な五人が、なぜか、洋品会社の社長をめぐる衝撃の連続殺人事件につぎつぎに巻き込まれて、喜劇プラス殺人劇がくり広げられていく! 『ひまつぶしの殺人』『やり過ごした殺人』に続くシリーズ第3弾!