中公新書<br> 父親力 母子密着型子育てからの脱出

個数:1
紙書籍版価格 ¥712
  • Kinoppy
  • Reader

中公新書
父親力 母子密着型子育てからの脱出

  • 著者名:正高信男【著】
  • 価格 ¥712(本体¥660)
  • 中央公論新社(2014/01発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

子どもが成長し、社会に出て自分というものを表現できるようになるには、どういう経験が必要なのだろうか。自分たちの頃と比べ、「子ども」が変わったと途方に暮れる親も多い。けれどもちろん、そう嘆く親自身も変わっているのだ。本書では、現在の子育てに欠けているものを明らかにし、特に、子どもが他者、ひいては社会と向き合う際の、父親の役割に注目する。父だけが子にできることを、見直してみよう。

目次

第1章 記憶の起源―「はじめての記憶」から子どもの発達を考える
第2章 「死を看取る」ことの意義
第3章 自然・闇・野性を認識するということ
第4章 やせほそる父性―「もうひとりの母親」になっていないか
第5章 母子密着型育児の弊害
第6章 現代における父親の力とは