徳間文庫<br> 冥府の刺客 密殺

個数:1
紙書籍版価格 ¥586
  • Kinoppy
  • Reader

徳間文庫
冥府の刺客 密殺

  • 著者名:黒崎裕一郎【著】
  • 価格 ¥440(本体¥400)
  • 徳間書店(2016/04発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784198915704

ファイル: /

内容説明

2008年テレビ東京系で放送された「幻十郎必殺剣」の原作シリーズ。お世継ぎ争いをめぐる備中岩津藩のお家騒動の陰に、若年寄・田沼意正の不穏な動きを察知した楽翁(松平定信)は、元八丁堀同心・死神幻十郎にその探索を命じた。そして、時を同じくして起こる連続殺人。金と色欲にまみれ、腐りきった巨悪の正体と驚愕の真相が、事件を追う幻十郎の前に次第に明らかになってくる……。「闇の刺客人」の必殺剣が闇を斬り裂く!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

depo

2
図書館本。ドラマを先に見た。面白かったので図書館で探したらあった。解説によると、著者は木枯らし紋次郎シリーズの中村敦夫さんの実弟だという。ドラマではその中村さんが幻十郎を生き返させた松平定信(楽翁)を演じていた。図書館にはもう数冊本シリーズのものがあるので読んでみよう。なお著者は必殺シリーズや太陽にほえろの脚本家だという。2022/03/03

ニミッツクラス

1
冥府の刺客シリーズの4作目。世継ぎ騒動に揺れる備中岩津藩内藤家家臣の死。辻斬りの仕業とした目付の判断に不審を持った楽翁(松平定信)は、田沼意正の関与を疑い、影扶持をいやがって闇の刺客人となった幻十郎に探索を依頼した。闇裁きにも慣れてきた幻十郎・・手元不如意の時は楽翁から声がかかるのを待っていたりする。仲間を気遣う余裕もでき、今回は、町人の仲間の行く末を案じて表の顔として店を持つように助言している。剣戟の感想って書き難いね。黒崎氏の殺陣は荒唐無稽なところがなくてとても良い。★★★★☆☆2011/07/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/66735

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。