祥伝社黄金文庫<br> 女は死ななきゃ治らない――あえて大和撫子改造講座

個数:1
紙書籍版価格 ¥544
  • Kinoppy
  • Reader

祥伝社黄金文庫
女は死ななきゃ治らない――あえて大和撫子改造講座

  • 著者名:ビートたけし
  • 価格 ¥440(本体¥400)
  • 祥伝社(2013/02発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

コギャル、ブルセラ…20世紀末の“バカ女”をオイラが一刀両断。「ギャルの22歳寿命説」「整形美人の言い訳」「ヘアヌードの正しい鑑賞法」「下半身に国境なし」「オイラの遺書、初公開」――天才たけしの毒舌女性論が、さらにパワーアップ!大和撫子講座シリーズ第2弾!

目次

1章 ギャルの22才寿命説<br/>2章 日本女性、まとめてホメ殺し<br/>3章 女だけが元気な世紀末・ニッポン<br/>4章 ハダカしかないのか、芸能界<br/>5章 女、子どもは政治に口を出すな<br/>6章 オイラのアメリカ“大紀行”<br/>7章 家庭崩壊を嘆くより、偽装結婚を<br/>8章 オイラの遺書、初公開