黒い樹海

個数:1
紙書籍版価格 ¥902
  • Kinoppy
  • Reader

黒い樹海

  • 著者名:松本清張【著】
  • 価格 ¥902(本体¥820)
  • 講談社(2015/03発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784061311763

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

仙台へ旅立った筈の姉が、意外や浜松のバス事故で急死! 身分証明書が不明のため知らせが遅れ、笠原祥子は事故現場へとんだが手がかりは無い。新聞社へ勤めた彼女は、姉の交友関係の男たちを追求中同僚の婦人記者と、事件の鍵を握る女性の相次ぐ殺人事件に――。マスコミに潜む人間悪を抉る推理の傑作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

NAO

76
突然の姉の死に疑問を感じた妹祥子の犯人探し。どう考えても見捨てられたとしか思えない姉の死に義憤を感じるのは妹として当然のことだろうが、思ったら動かずには済まない彼女が動くことで、次々と新たな殺人事件が起こる。彼女の行動はもちろん正しいのだが、彼女のやみくもな行動や自信、話の展開など、あまりにも定番的すぎて退屈。2019/08/10

きのこ

17
久々の清張さん。人を掘り下げリアリティを追求するお手前はさすがです。どんでん返しがあるのかと思った(´`:)2017/03/02

にせものばかり

11
面白かったですが・・・・。一番怪しい人がそのまま犯人でした(笑)2014/02/26

そうたそ@吉

5
★★★☆☆

ひーはー

5
薄皮を剥いでいくような物語展開はさすがだと思うが、推理の根拠が脆弱な気がする。主人公に感情移入してしまうので、彼女が考えついたことは全面的に信用するのだが、理論的にうまくいっていないところもあるような気がする。 やっぱりミステリーには、第三者的な探偵役が必要かな。2020/03/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/559276

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。