日本版ニューズウィーク (2017年10月24日号)

個数:

日本版ニューズウィーク (2017年10月24日号)

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2017年10月23日 02時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • 刊行 週刊誌
  • A変
  • 商品コード 4910252541076

基本説明

                              

詳細説明

[特集]
●中国予測はなぜ間違うのか
 ―何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。
  中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

 ◇中国 共産党支配が崩壊しない理由
 ◇GDP 中国経済の「復活」にIMFがお墨付き
 ◇Q&A 根拠なき礼賛と悲観のツケ
 ◇出版 中国崩壊本の崩壊カウントダウン
 ◇インタビュー 「『崩壊』とは言ってない」代表的著者の反論
 ◇分析 中国の未来をCIA流に予測する


[PERISCOPE]
◆InternationaList
 ・UNITED STATES 最悪の山火事の原因は? 
 ・UNITED NATIONS 今さら感が漂う米ユネスコ脱退 
 ・BRITAIN 「ブレグジット後はNAFTA」の現実味 
 ・SPAIN カタルーニャ独立宣言延期の本当の理由は 
 ・SOUTH KOREA 中国整形女性騒ぎは偽ニュース? 
 ・SOUTH KOREA ノーベル賞「返上」工作が韓国で浮上 
 ・UKRAINE ウクライナ紛争に軍事ロボットが参戦!? 
◆Asia
 ・NORTH KOREA 米中の北朝鮮「懲罰」と日本
◆News Gallery
 ・RUSSIA わしづかみ子犬の贈り物にプーチンも当惑
◆U.S. Affairs
 ・2大政党が続く制度的からくりと有権者心理


…ほか

 

同じシリーズの商品一覧

全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす