エコノミスト (2019年6月11日号)

個数:

エコノミスト (2019年6月11日号)

  • ご利用前にこちらをお読みください。
  • 価格 ¥669(本体¥620)
  • 毎日新聞出版(2019/06/03発売)
  • ポイント 6pt
  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2019年06月16日 20時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • 刊行 週刊誌
  • A変
  • 商品コード 4910200320692

基本説明

米国経済の落とし穴|

詳細説明

【特集】
●失速!米国経済

 ◇景気減速の兆候が続々 
   政策相場のツケが回る時 
 ◇相場プロの米国株展望 Part1 
  ・年末2万8000ドルへ
  ・昨秋の暴落局面の再現も
  ・米中摩擦の衝撃 
    関税第4弾で世界同時不況 逆資産効果が個人消費直撃 
  ・FRBの新機軸
   「低金利の長期化」もくろむ 市場金利上昇なら株暴落も
  ・Q&Aで覚える 米国経済の“基礎知識” 
    GDP・雇用統計・政策金利 
 ◇相場プロの米国株展望 Part2 
  ・米中対立で2万3500ドル
  ・秋に2万2500ドルも
  ・年内に景気後退へ 
    最終需要の減速明らかに 財政拡張の効果も減退
  ・揺らぐ「強い雇用」 
    人を採らず、賃金も上げない “労働市場発”減速の兆し 
  ・膨らむ企業債務 
    金融危機超えた信用バブル リスク高まる「GE予備軍」 


【FOCUS】
◆米中技術覇権 華為排除、中国は長期戦で対抗へ 
  米支配なきハイテク経済圏誕生も
◆欧州議会選 
  EU懐疑派が伸張も、かじ取りは親EU勢力

【深層真相】
◆ルノーFCA統合なら影響必至、抵抗の日産に逆風か
◆セブン永松社長に“短命観測”、本命は商品本部出身者か
◆ブリティッシュ・スチール破綻で、英国で鉄道レールが生産不能に?

【Interview】
◆2019年の経営者 
  赤坂祐二 日本航空社長
◆挑戦者 2019 
  内山智晴 イーパーCEO
◆問答有用 
  渋沢健 コモンズ投信会長
  「栄一は今の日本にめちゃくちゃ怒ると思います」

【エコノミストリポート】
◆スマート農業 
  無人トラクターや収穫ロボ
  「普及元年」で変わる農家像


◆東南アジア 
  再選したジョコ大統領が進める インドネシア「デジタル化の中身」



《新連載》
◆不動産コンサル 長嶋修の一棟両断(1) 
  レオパレスと勉強しないオーナー 


…ほか

 

同じシリーズの商品一覧

全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす