Discover Japan (2018年3月号)

Discover Japan (2018年3月号)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • 刊行 月刊誌
  • A変
  • 商品コード 4910164250387

基本説明

新しい暮らし方 働き方|別添:小冊子、MAP

詳細説明

★特別付録
 ・冊子「島に暮らす。」
 ・島国日本地図

[特集]
●今だから新しい暮らし方を考えてみる
 ◇映画監督 安藤桃子
   高知に移住した理由。
 ◇ヤフー社長 宮坂学
   時間と場所から解放された、新しい働き方への挑戦
 ◇リバースプロジェクト 伊勢谷友介/松村一
   自分らしい暮らしはどこにある?
 ◇自遊人 岩佐十良
   会社ごと新潟に移住。豊かさは無限大!
 ◇クレイジージャーニー放送作家 高須光聖
   ローカルにこそ、企画のヒントが眠っています
 ◇『the SOCIAL』番組仕掛け人 服部一孝
   地域ネタほど“数字がとれる”って、本当ですか?

 ◇いま、お試し移住という選択。
  ・青森県三沢市・弘前市
    クリエイターこそ青森へ
  ・山形県朝日町
    DJ編集部員もやっています!月1回の山形田舎暮らし
  ・お試し移住実例をチェック!
  ・東京⇔箱根
    都心と郊外を行き来する合理的な暮らし方
  ・柴咲コウのこうめぐる~会いに行って、愛を知る~特別編
    「伝統工芸」の世界に、最先端の働き方がありました。
  ・紀伊半島 奈良・三重・和歌山
    新たな可能性に出合うための移住
     地方こそ、クリエイティブを刺激する
  ・広島県尾道市
    島景色を見ながらプチツーリング、それが通勤なんです
  ・滋賀県大津市
    琵琶湖のほとりで仕事と暮らしが充実
  ・富山県魚津市
    思わず移住したくなる絵になる富山

 ◇第一次産業にはビジネスチャンスがある。
 ◇“新しい農業”から生まれる、次世代の取り組み
   地産地消、最前線!
 ◇人里離れた日光・湯西川温泉で冬を楽しむ
   非日常の銀世界へ

…ほか