月刊専門料理 (2017年11月号)

個数:

月刊専門料理 (2017年11月号)

  • ご利用前にこちらをお読みください。
  • 価格 ¥1,512(本体¥1,400)
  • 柴田書店(2017/10/19発売)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに41冊在庫がございます。(2017年10月19日 18時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • 刊行 月刊誌
  • A変
  • 商品コード 4910034051175

基本説明

料理人にとって酒とは|

詳細説明

[特集]
●料理人にとって酒とは

 ―「酒のことなら誰にも負けない」と言える料理人が、
  はたしてどれだけいるでしょうか。
  料理のテクニックをきわめることや、国内外の素材探しには
  熱心でも、酒にはそれほど執着がないという料理人が、
  大半を占めるのではないでしょうか。
  食中酒としての酒、料理酒としての酒、その両方が
  料理人にとっての酒であり、料理人としてさらなる高みを
  めざした時に、避けては通れない道であると言えるでしょう。
  酒を知り、自在に操る術を持つべきなのは、ソムリエよりも
  むしろ料理人であるはずです。
  本号では、料理人が持つべき実践的な酒の知識とテクニックを伝えます。


 ◇シェフ5人、深夜のほろ酔い座談会
   川手寛康(フロリレージュ)× 
   武田健志(リベルテ・ア・ターブル・ド・タケダ)×
   清水 将(アニス)× 
   長谷川在佑(傳)× 
   生井祐介(オード)

 ◇ワイン、日本酒、リキュール、ビール……
   6人に学ぶ酒活用術
  ・古賀純二(シェ・イノ)
  ・仲嶺淳一(ラ・カンロ)
  ・山本健一(アルシミスト)
  ・後藤祐輔(アムール)
  ・斉藤貴礼(オルタナティブ)
  ・山根大助(ポンテベッキオ)

 ◇ノンアルコールカクテルをレストランに!
   バーテンダー2氏が提案する16杯
  ・新橋 清(サンルーカル・バー)
  ・南雲主于三(ミクソロジー エクスペリエンス)

 ◇Dersou 関根 拓×アモリ・ギヨー
   料理とカクテルの新しいかたち

 ◇医療、市場、心理
   3つの目で見る酒の売り方、付き合い方

 ◇アルコールトレンド2017



[TOPIC]
◆現地ルポ ノルウェーのサバを巡る
 

…ほか

 

同じシリーズの商品一覧

全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす