生物界に対する幼児の素朴概念<br>Young Children's Thinking about Biological World (Essays in Developmental Psychology)

個数:
電子版価格 ¥8,869
  • 電書あり

生物界に対する幼児の素朴概念
Young Children's Thinking about Biological World (Essays in Developmental Psychology)

  • 在庫がございません。海外の書籍取次会社を通じて出版社等からお取り寄せいたします。
    通常6~9週間ほどで発送の見込みですが、商品によってはさらに時間がかかることもございます。
    重要ご説明事項
    1. 納期遅延や、ご入手不能となる場合がございます。
    2. 複数冊ご注文の場合、分割発送となる場合がございます。
    3. 美品のご指定は承りかねます。
  • 【重要:入荷遅延について】
    ウクライナ情勢悪化・新型コロナウィルス感染拡大により、洋書・洋古書の入荷が不安定になっています。詳しくはこちらをご確認ください。
    海外からのお取り寄せの場合、弊社サイト内で表示している標準的な納期よりもお届けまでに日数がかかる見込みでございます。
    申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
  • 製本 Hardcover:ハードカバー版/ページ数 224 p.
  • 言語 ENG
  • 商品コード 9781841690414
  • DDC分類 122

基本説明

The authors claim that children as young as five, before formal schooling, possess a naive theory of biology, which is differentiated from naive theories of psychology and physics.

Full Description

Presents research on the topic of young children's naive biology, examining such theoretical issues as processes, conditions and mechanisms in conceptual development using the development of biological understanding as the target case.

Contents

Naive Biology as a Core Domain of Thought. The Living-nonliving Distinction. Personification as Analogy in Biological Understanding. The Distinction between Biological and Psychological Processes. Vitalistic Causality. Construction of Naive Biology under Cognitive and Sociocultural Constraints. Conceptual Change in Naive Biology. Toward Better Understanding of Conceptual Development.