Whistleblowing : When it Works - and Why -- Paperback / softback

個数:

Whistleblowing : When it Works - and Why -- Paperback / softback

  • 在庫がございません。海外の書籍取次会社を通じて出版社等からお取り寄せいたします。
    通常6~9週間ほどで発送の見込みですが、商品によってはさらに時間がかかることもございます。
    重要ご説明事項
    1. 納期遅延や、ご入手不能となる場合がございます。
    2. 複数冊ご注文の場合、分割発送となる場合がございます。
    3. 美品のご指定は承りかねます。
  • 【重要:入荷遅延について】
    ウクライナ情勢悪化・新型コロナウィルス感染拡大により、洋書・洋古書の入荷が不安定になっています。詳しくはこちらをご確認ください。
    海外からのお取り寄せの場合、弊社サイト内で表示している標準的な納期よりもお届けまでに日数がかかる見込みでございます。
    申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
  • 製本 Paperback:紙装版/ペーパーバック版/ページ数 170 p.
  • 言語 ENG
  • 商品コード 9781588261397
  • DDC分類 174.4

基本説明

Case studies from the tobacco industry to NASA illustrate how individual efforts can and do transform institutions and shape public policy.

Full Description


Whistleblowers can ruin lives - and can save them. Is it worth it? Roberta Ann Johnson explores when and how - and to what effect - people make the choice to blow the whistle. Engrossing case studies from the tobacco industry, to NASA, to the FDA illustrate clearly how individual efforts can and do transform institutions, shape public policy, and serve as a force for democratization. Roberta Johnson explores when and how - and to what effect - people make the choice to blow the whistle.

Contents

Introduction. The Insider: Jeffrey Wigand and the Tobacco Industry. Deciding to Become a Whistleblower: NASA and Roger Boisjoly; Cindy Ossias and the California DOI. The Whistleblower as Policy Entrepreneur: Hal Freeman and the OCR; Hugh Kaufman and the EPA. An Impact on the Agency: Barbara Moulton and the FDA. Protecting the Whistleblower: The INS and Neil Jacobs. Whistleblowing: A Force for Democratization?