フランス理論のアメリカにおける受容<br>French Theory in America

個数:

フランス理論のアメリカにおける受容
French Theory in America

  • 在庫がございません。海外の書籍取次会社を通じて出版社等からお取り寄せいたします。
    通常6~9週間ほどで発送の見込みですが、商品によってはさらに時間がかかることもございます。
    重要ご説明事項
    1. 納期遅延や、ご入手不能となる場合がございます。
    2. 複数冊ご注文の場合、分割発送となる場合がございます。
    3. 美品のご指定は承りかねます。
  • 【重要:入荷遅延について】
    ウクライナ情勢悪化・新型コロナウィルス感染拡大により、洋書・洋古書の入荷が不安定になっています。詳しくはこちらをご確認ください。
    海外からのお取り寄せの場合、弊社サイト内で表示している標準的な納期よりもお届けまでに日数がかかる見込みでございます。
    申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
  • 製本 Hardcover:ハードカバー版/ページ数 328 p.
  • 言語 ENG
  • 商品コード 9780415925365
  • DDC分類 194

基本説明

What is theory doing in America? Does high French theory continue to be a significant force in American intellectual life?

Full Description

What does it mean to"do theory" in America? In what ways has "French Theory" changed American intellectual and artistic life? How different is it from what French intellectuals themselves conceived, and what does all this tell us about American intellectual life? Is "French Theory" still a significant force in America, raising conceptual questions not easily answered? In this volume of new work--including the French writers Julia Kristeva, Jacques Derrida, Jean Baudrillard, and Gilled Delezue, as well as essays by Sylvere Lotringer and Sande Cohen, Mario Biagoli, Elie During, Chris Kraus, Alison Gingeras, and Kriss Ravetto, among others--French theorists assess the impact and reception of their work in America, and American-based critics account for their effects in different areas of cultural criticism and art over the last thirty years.