Ethics as First Philosophy : The Significance of Emmanuel Levinas for Philosophy, Literature and Religion

個数:
電子版価格 ¥4,853
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

Ethics as First Philosophy : The Significance of Emmanuel Levinas for Philosophy, Literature and Religion

  • ウェブストア価格 ¥6,603(本体¥6,114)
  • Routledge(1995/11発売)
  • 外貨定価 US$ 51.95
  • ウェブストア夏のポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 305pt
  • 提携先の海外書籍取次会社に在庫がございます。通常2週間で発送いたします。
    重要ご説明事項
    1. 納期遅延や、ご入手不能となる場合が若干ございます。
    2. 複数冊ご注文の場合、分割発送となる場合がございます。
    3. 美品のご指定は承りかねます。
  • ≪洋書のご注文につきまして≫ 「海外取次在庫あり」および「国内仕入れ先からお取り寄せいたします」表示の商品でも、納期の目安期間内にお届けできないことがございます。あらかじめご了承ください。

  • 製本 Paperback:紙装版/ペーパーバック版/ページ数 288 p.
  • 言語 ENG,ENG
  • 商品コード 9780415911436
  • DDC分類 194

Full Description


In Ethics as First Philosophy, Adrian P. Peperzak brings together a wide range of essays by leading international scholars to discuss the work of the 20th century French philosopher, Emmanuel Levinas. The first book of its kind, this collection explores the significance of Levinas' texts for the study of philosophy, psychology and religion. Offering a complete account of the most recent research on Levinas, Ethics as First Philosophy is an extraordinary overview of the various approaches which have been adopted in interpreting the work of a revolutionary but difficult contemporary thinker.