パブリック・レイプ:フェミニズム、小説と映画における暴力の表象<br>Public Rape : Representing violation in fiction and film

個数:

パブリック・レイプ:フェミニズム、小説と映画における暴力の表象
Public Rape : Representing violation in fiction and film

  • 提携先の海外書籍取次会社に在庫がございます。通常3週間で発送いたします。
    重要ご説明事項
    1. 納期遅延や、ご入手不能となる場合が若干ございます。
    2. 複数冊ご注文の場合、分割発送となる場合がございます。
    3. 美品のご指定は承りかねます。
  • 【重要:入荷遅延について】
    ウクライナ情勢悪化・新型コロナウィルス感染拡大により、洋書・洋古書の入荷が不安定になっています。詳しくはこちらをご確認ください。
    海外からのお取り寄せの場合、弊社サイト内で表示している標準的な納期よりもお届けまでに日数がかかる見込みでございます。
    申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
  • 製本 Paperback:紙装版/ペーパーバック版/ページ数 200 p.
  • 言語 ENG
  • 商品コード 9780415288569
  • DDC分類 305.4

基本説明

Introducing the ieda of 'public rape', Horeck looks at how images of rape serve as cultural fantasies of sexual, racial and class difference.

Full Description

Second-wave feminism fought to end the blanket silence shrouding rape and bring it to public attention. Now feminist critics must confront a different issue. In Public Rape Tanya Horeck considers the public investment in images of rape and the figure of the raped woman. Introducing the idea of 'public rape', Horeck looks at how images of rape serve as cultural fantasies of sexual, racial and class difference. Looking at rape in real life as well as in literature and films such as The Accused and Boys Don't Cry, Horek reveals how representations of rape raise vital questions about the relationship between reality and fantasy, and between violence and spectacle