Shakespeare's Reparative Comedies : A Psychoanalytic View of the Middle Plays

個数:
  • ポイントキャンペーン

Shakespeare's Reparative Comedies : A Psychoanalytic View of the Middle Plays

  • ウェブストア価格 ¥5,148(本体¥4,680)
  • Univ of Chicago Pr(1984/03発売)
  • 外貨定価 US$ 37.00
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 230pt
  • 在庫がございません。海外の書籍取次会社を通じて出版社等からお取り寄せいたします。
    通常6~9週間ほどで発送の見込みですが、商品によってはさらに時間がかかることもございます。
    重要ご説明事項
    1. 納期遅延や、ご入手不能となる場合がございます。
    2. 複数冊ご注文の場合、分割発送となる場合がございます。
    3. 美品のご指定は承りかねます。
  • ≪洋書のご注文について≫ 「海外取次在庫あり」「国内在庫僅少」および「国内仕入れ先からお取り寄せいたします」表示の商品でもクリスマス前(12/21~12/25)および年末年始までにお届けできないことがございます。あらかじめご了承ください。

  • 【重要:入荷遅延について】
    各国での新型コロナウィルス感染拡大により、洋書・洋古書の入荷が不安定になっています。
    海外からのお取り寄せの場合、弊社サイト内で表示している標準的な納期よりもお届けまでに日数がかかる見込みでございます。
    申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

  • 製本 Hardcover:ハードカバー版
  • 言語 ENG
  • 商品コード 9780226894133
  • DDC分類 822.33

Full Description


Joseph Westlund brings recent developments in psychoanalytic thought to his elegant and sensitive readings of Shakespeare's Merchant of Venice, Much Ado About Nothing, As You Like It, Twelfth Night, All's Well That Ends Well, and Measure for Measure. Westlund departs from the usual preoccupation in psychoanalytic criticism with conflict and guilt to rely instead on Melanie Klein's theory of reparation, which emphasizes the impulse in life to resolve and transcend conflict. Through interpretations that are new and convincing, Westlund views the interactions of characters in the six comedies as attempts to work through anger and guilt to effect reparations for themselves and for us.