貧魂社会ニッポンへ―釜ヶ崎からの発信

個数:

貧魂社会ニッポンへ―釜ヶ崎からの発信

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 295p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784939042478
  • NDC分類 368.2
  • Cコード C0036

内容説明

釜ヶ崎から日本社会へ、魂のメッセージ。

目次

橘安純氏インタビュー より底辺へ身を置きたいけど
永原健二氏インタビュー ホームレス生活が「人生」を教えてくれた
東淵修氏聞き書き 東淵修大いに語る
講演会から 釜ケ崎は私の学校―魂の痛みを聴く
講演会から 野宿者と「ホーム」レスな子どもたち―「襲撃・いじめ」を超えて「仲間」として出会えるために
対談 本田哲郎+島薗進―宗教を超えて 釜ヶ崎のスピリチュアリティ
仏教者の私は釜ヶ崎で何を見てしまったか
僧に非ず、俗に非ず
釜ヶ崎における宗教者の支援活動
凹地から見直す―「宗教」のメタノイア
あとがきにかえて 魂の痛み、魂の叫びへの共鳴を