ちへいせんのみえるところ

  • ポイントキャンペーン

ちへいせんのみえるところ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4変判/ページ数 1冊(頁/高さ 25cm
  • 商品コード 9784939029011
  • NDC分類 E
  • Cコード C8795

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シナモン

161
黄色と水色の色合いがとってもきれいです。その部分が出てきたものによって草原に見えたり、海原に見えたり。不思議だな。ぴょこんと顔を出す男の子が可愛かった。文字は「でました。」だけです。2020/08/06

greenish 🌿

80
ちへいせんのみえるところ。いったいなにがでる? 長新太さんの不思議な不思議な絵本  ---麦畑のような一面黄金色の地平線。空は曇天。そこから、少年の顔・ゾウの顔が飛び出てきたと思ったら・・・ぺ、ペンギン!? 「でました。」というたった一言で、想像力・ワクワク感がかきたてられます。 ページを繰るたびに、「でました」「で、でた!」「えーーー!」っと心の中で呟いてしまうことうけあい。愉しい絵本でした。2014/09/15

野のこ

54
海にも草原にも見えるちへいせん。このあいまいな色合いが優しい雰囲気で好き。長新太さんのちへいせんにはなんでも「でました」なのね!!そう言えば青春のころ、千葉県の一面の菜の花畑にひょこっと顔を出して写真を撮った私もちへいせんの「でました」って感じでした(笑)2018/06/30

anne@灯れ松明の火

36
荒井良二さんの「こどもたちはまっている」に、本作が自分の絵本の原点で、オマージュであると書いてあったので、すぐに探して読んだ。こちらは、極めてシンプル。すべて、同じ草原?(他の方の感想で、海とも取れるとあり、なるほど)と地平線の背景。文字も「でました」だけ。だが、出てくるものが、突拍子のないものばかり! 長さんはやっぱりスゴい! これを超えるものはできないわ。2020/06/22

gtn

32
何が出てきても、いずれ消えゆく現象。そして、おそらく広大なまま、そこに在り続ける地平線。2020/08/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/533725

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。