たった40分で誰でも必ず小説が書ける超ショートショート講座

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 142p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908059292
  • NDC分類 901.3
  • Cコード C0090

内容説明

物語を書きたい人、アイデア不足に嘆く人、必見!小学生からシニアまで、自分の隠れた才能に驚いた!

目次

第1章 ショートショート作家としての、ぼく
第2章 講義編 超ショートショートのつくり方
第3章 実践編 実際に書いてみよう
第4章 まとめと応用
第5章 実際の作品例
第6章 超ショートショートの即興ライブ

著者等紹介

田丸雅智[タマルマサトモ]
1987年、愛媛県生まれ。東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。2011年12月『物語のルミナリエ』(光文社文庫)に「桜」が掲載され作家デビュー。12年3月には、樹立社ショートショートコンテストで「海酒」が最優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

314
誰でもあまり時間をかけずにショートショートを書くメソッドを公開した一冊。ツールは非常に具体的で、事例もたくさん乗っているので感覚的にわかりやすい。ただ、確かにこの方法を使えば「とりあえずショートショートを書きあげること」はできるかもしれない。それが「おもしろい」かは別にしても。2017/08/09

じーにあす

27
1ページ程度の超ショートショートを作る本。誰でも40分で作れる、とあるので読んでみました。思い付く名詞をどんどん出していって、その名詞に関連する事柄も書いていって、ピンと来たものを組み合わせて核になるキーワードを作る。そこから発想していったものを駆使して話を作ってゆく。確かに短い文章を作る1つの方法だと思う。何より手軽さがある。そしてどんどん発想していける。短い超ショートショートを作ったら、更にそれを肉付けして数ページのショートショートを作れると思う。実際作ってみて面白かった!作ったモノ、良ければどうぞ→2019/12/01

とふめん

17
とにかくイメージを膨らませて想像力を鍛える。 関係ないもの同士を関連させて繋げると面白い話が出来上がる。 続ける価値あり。2016/10/23

みつけるちゃん

16
あまり読まなかったショートショートが最近気になっていて、構造と設計を知りたくて手に取ったが、機械的な指南だった。実際に書いてみたい人にはよさそうだが、個人的には創作を説明するとなるとまぁこうなるよねという諦念が残った。小説は長編より短編が好きなのだが、その理由を考えてみると何かが固まるまでに終わる分量ゆえに予定調和になりづらいこと、型にはまらない気持ち悪さ、そんなものを求めている気がする。より短いショートショートになると、ラスト一行で裏切る定石や、本書のようなパワーワードありきになりがちなのはなぜ……。2020/07/24

かやは

10
ショートショートの書き方について。ゲーム感覚で手軽にやろそうで楽しそうだ。小学生の頃でたらめ作文という荒唐無稽な物語を書く授業があったことを思い出した。2019/04/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10124289

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。