Hiroshima・1000シリーズ<br> 広島で性暴力を考える―責められるべきは誰なのか?性・家族・国家

個数:

Hiroshima・1000シリーズ
広島で性暴力を考える―責められるべきは誰なのか?性・家族・国家

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 98p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784907684204
  • NDC分類 368.6
  • Cコード C0036

目次

第1部 シンポジウム 広島で性暴力を考える―責められるべきは誰なのか?性・家族・国家(10・14“広島事件”とヒロシマ―女性の動きを中心に;ヒロシマの「平和」の内実を問う性暴力事件;すべてに優先される日米安全保障―放置される被害者;暴力に対抗する夜、そして愛;資料・米海兵隊岩国基地米兵4人による性暴力事件発生から1年間に起きた関連出来事)
第2部 H8へようこそ(H8とはなんだ/お前は誰だ?;H8という名前;広島からG8批判のための理論を―覚え書き風のスケッチとして;都市への眼差し―生者と死者の境界を越えて;H8全日程)

著者等紹介

東琢磨[ヒガシタクマ]
フリーランスライター/文化活動家。音楽・文化批評。1964年庄原市生まれ広島市育ち。1980年代前半から20年ほど東京で生活し2005年より広島帰還。東京外国語大学(ラテンアメリカ音楽文化論、島のポリティクス)、成蹊大学法学部(政治文化論)などで教壇にも立ってきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。