中国抗日軍事史―1937‐1945

個数:

中国抗日軍事史―1937‐1945

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 379p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784903426211
  • NDC分類 392.22

内容説明

中国現代史から多角的に描く、本格的な日中戦争通史。

目次

序章 強国日本は弱国中国になぜ敗けたのか
第1章 日本軍攻勢段階の国民党戦場―盧溝橋事件から武漢陥落まで
第2章 日中対峙段階の国民党戦場と国共矛盾―南昌会戦と第一次・第二次長沙会戦
第3章 太平洋戦争以降の国民党戦場と海外派兵―国民政府軍攻勢段階への転換
第4章 国民党系特務の抗日テロ・ゲリラ―「藍衣社」と「C・C団」
第5章 毛沢東の遊撃戦構想と共産党戦場
第6章 世界華僑による抗日支援ネットワーク
第7章 抗日戦争の背景とその基盤―国民政府による「抗戦建国」路線の展開
終章 中国勝利・日本敗戦の構造

著者紹介

菊池一隆[キクチカズタカ]
1949年生まれ。1980年筑波大学大学院歴史・人類学研究科(史学)博士課程単位取得満期退学。現在、愛知学院大学文学部教授、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)