殺人犯を裁けますか?―裁判員制度の問題点

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 209p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903186368
  • NDC分類 327.6
  • Cコード C0032

内容説明

いま、なぜ、裁判員制度なのか?この裁判員制度は、主権者たる国民と民主主義に対する、明らかなる「挑戦状」だ。

目次

序章 いま、なぜ、裁判員制度?(裁判員法とはどんな法律なの?;裁判員ってなにをするの?;国民の「無関心」が生んだ裁判員法)
第2章 そもそも裁判制度ってなに?(現在の裁判制度;陪審制と参審制とはどう違うの?;「司法の独立」は歴史の贈り物)
第3章 問題だらけの裁判員制度(制度上の問題点;運用上の問題点;広報・世論調査からの問題点)
第4章 誰のための制度なの?(裁判員法成立の背景;妥協の産物としての「裁判員制度」)
第5章 私たちが参加する制度って?(国民の司法参加の形を考える;国民の司法参加と憲法;司法参加の現状と新たな試みの可能性;民事訴訟事件への国民の参加)

著者等紹介

田中克人[タナカカツンド]
昭和18年5月22日生。昭和42年、明治大学法学部法律学科卒業。社団法人福祉社会研究所理事長、財団法人濱野生命科学研究財団理事長、社団法人日本フィランソロピー協会副会長、財団法人さわやか福祉財団評議員、財団法人伊藤謝恩育英財団評議員、社会福祉法人創生評議員、国民政治研究会理事長。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。