カンナカムイチェプト―龍の神とうぐい沼

カンナカムイチェプト―龍の神とうぐい沼

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4変判/ページ数 32p/高さ 22X29cm
  • 商品コード 9784897775029
  • NDC分類 E
  • Cコード C0776

内容説明

カンナカムイチェプトとは、アイヌの人びとの言葉で「龍の神が魚をもってくる沼」という意味です。その沼で、アイヌの若者セノアが、ヤチダモの木の精にとらえられていた沼の龍の神を救います。精根つきて倒れたセノアが、アイヌの娘のモナミの手当てで命をとりとめます。深い森の沼の精気を伝える、繊細で美しい和紙絵で、このお話の真髄を伝えるこの絵本をぜひご観賞ください。

著者等紹介

おおくらなおみ[オオクラナオミ]
大蔵尚美。1944年、旧満州奉天で生まれ、引き揚げて京都で育つ。平安女学院大学短期大学保育科卒業。幼稚園教諭となる。1972年結婚、夫と酪農を営むため渡道。そのかたわら「自然派菓子耕房」オオクラファームを経営。クッキー等を自家製造、販売。北海道加工食品フェア奨励賞。北の生活産業デザインコンペティション奨励賞その他。詩や童話の創作のほか、和紙絵作家としても活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。