タイ駐在のタイ入門 (改訂版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 238p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784897722597
  • NDC分類 302.237
  • Cコード C0026

内容説明

駐在員としての長年の体験をふまえ、タイの大学で日タイ交流を講義してきた著者と、バンコクを拠点に東アジアを旅してきた著者が、語り説くタイ人気質、信仰、政治経済、社会と歴史。

目次

第1章 タイの社会
第2章 タイの政治経済
第3章 タイ人の信仰
第4章 タイの歴史の断面
第5章 タイと日本
第6章 バンコク再訪

著者紹介

桑野淳一[クワノジュンイチ]
1951年、新潟県生まれ。青山学院大学法学部卒業。学生時代より海外の大学で研修を重ね、そこを足場にしながら、旅を続ける。日本では名古屋国際政治研究会(於:名古屋大学法学部大学院)や中部地区東南アジア歴史学会(於:名古屋大学大学院国際開発研究科)に参加する傍ら、三重国際文化交流の会を主宰していた。現在はタマサート大学東アジア研究所内の青山学院大学タイ王国オフィスを預かりながら、客員教授として教壇に立っている

大西純[オオニシジュン]
1953年、横浜生まれ。青山学院大学法学部卒業。また、米国オハイオ大学も卒業し、その後、日本企業の海外駐在員としてバンコク、香港、シンガポールで活躍。1996年より、タイ王国に留学。チュラロコーン大学院修士号、タマサート大学院修士号、アジア工科大学院博士号を取得した後、国立マヒドン経営大学院で起業学科長をつとめる。2006年9月帰国、現在国立法人弘前大学国際交流センター長・教授・経営学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)