内科医にできる摂食障害の診断と治療

個数:

内科医にできる摂食障害の診断と治療

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 174p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784895901468
  • NDC分類 493.74
  • Cコード C3047

内容説明

増えつづける摂食障害の大部分は、内科の外来を受診している。この疾患は、その段階での対応がきわめて重要である。そのために本書では、こうした現状をふまえて、本疾患の診断と治療のうち、内科医に「できること・すべきこと」を簡潔にまとめた。

目次

1章 神経性食欲不振症の患者を診る―内科医が行うプライマリーケアー
2章 発病の背景を理解する
3章 内科医が行う治療
4章 専門科、専門施設で行われている精神療法
5章 どのように回復するか

著者紹介

日野原重明[ヒノハラシゲアキ]
聖路加国際病院・名誉理事長

堀田真理[ホッタマリ]
1979年長崎大学医学部卒業。1979年医師免許を取得し、佐賀医科大学病理学教室助手となる。1981年東京女子医科大学内科2研修医。1983年東京女子医科大学内科2助手。1985年医学博士学位を取得し、日本内科学会内科認定医となる。アメリカサンディエゴソーク研究所神経内分泌部門に留学。1987年東京女子医科大学内分泌疾患総合医療センターの内科助手となる。1990年日本内科学会内科専門医となる。1991年日本内分泌学会内分泌代謝科専門医。1994年東京女子医科大学内分泌疾患総合医療センターの内科講師となり現在に至る。日本内科学会、日本内分泌学会、日本糖尿病学会、日本神経内分泌学会、日本東洋医学会、日本医学教育学会、The Endocrine Society(アメリカ内分泌学会)所属

出版社内容情報

《内容》 増え続ける摂食障害患者の大部分は、内科の外来を受診している。こうした現状をふまえ、摂食障害の診断と治療のうち内科医に「できること・すべきこと」を簡潔にまとめた。    

《目次》
監修者序 はじめに I章 神経性食欲不振症の患者を診る(内科外来にあふれる患者/診断に必要なこと/検査における異常値のみかた/診断と判定のポイント) II章 発病の背景を理解する(発病の要因ときっかけ/精神病理) III章 内科医が行う治療(治療のストラテジー/心理的なサポート/外来における治療/身体的治療の進め方/望ましい療養環境つくり/入院による治療) IV章 専門科、専門施設で行われている精神療法 V章 どのように回復するか