五月叢書<br> 越境するラテンアメリカ

五月叢書
越境するラテンアメリカ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 264p/高さ 21X14cm
  • 商品コード 9784891942229
  • NDC分類 960.4
  • Cコード C0095

目次

第1章 未来の文学 未来のジャーナリズム(ニュー・ジャーナリズムとガルシア・マルケス;ヌエボ・ペリオディスモ)
第2章 越境する作家(ボルヘス 驚嘆するヨーロッパ;パスのエロティシズム;ガルシウ・マルケス 大いなる母の世界;鏡像としてのブニュエル;アルトー モクテスマの再生;ラテンアメリカの現代詩)
第3章 越境する解放者(1920年代ラテンアメリカの統合と分裂)
第4章 「私」小説を越えて(中上健次 小説の前衛として;村上春樹 消えた海岸のゆくえ;南への眼差し)
第5章 コラム1982‐1989