ぼくは慢性キカンシ炎―たかが機関紙されど機関紙

個数:

ぼくは慢性キカンシ炎―たかが機関紙されど機関紙

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 381p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784889008876
  • NDC分類 366.6
  • Cコード C0036

目次

第1章 機関紙づくりの風景(機関紙編集の「座右の銘」;きっと思いあたる「機関紙の法則」;ああ、校正恐るべし ほか)
第2章 機関紙をとりまく風景(スポーツ新聞の野球用語に異議あり;編集長はこだわりで生きる;図書館と書店の利用法 ほか)
第3章 機関紙を考える風景(機関紙って何だろう;半世紀の歴史を刻む日刊紙;新年号はなぜ大事なのか ほか)

著者等紹介

西岡健二[ニシオカケンジ]
1950年生まれ。東大阪市出身。1980年、大阪市職員労働組合生野区役所支部で教宣部長を担当。以降、1990年7月、新たに結成された大阪市役所労働組合で教宣部長・機関紙の編集長を担当してから、1999年に自治労連中央本部、2005年大阪自治労連、2008年大阪労連などで機関紙、宣伝関係の役職をつとめる。また、2005年から日本機関紙協会大阪府本部の理事長に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。