環境―安全という価値は…

個数:
  • ポイントキャンペーン

環境―安全という価値は…

  • 松永 澄夫【編】
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 東信堂(2005/11発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 40pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 268p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784887136397
  • NDC分類 519
  • Cコード C3000

内容説明

東京大学多分野交流演習主要報告。多彩な執筆陣。安全・リスクを切り口に、環境問題を考える。

目次

第1章 安全を求める人々の営み
第2章 ヒトはどのような場所に住んできたか―環境適応の二つの形
第3章 在地社会における資源をめぐる安全管理―過去から未来へ向けて
第4章 化学汚染のない地球を次世代に手渡すために―新たな化学物質政策の提案
第5章 環境リスクとどうつきあうか―クマとの共存などを例に
第6章 監視社会化の何が問題か―安全第一主義がもたらす社会変容
第7章 リスクの政治
第8章 リスクを分かち合える社会は可能か―リスク論の環境倫理による問い直し