宮廷と広場

個数:

宮廷と広場

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 341,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784887083004
  • NDC分類 230.4
  • Cコード C3022

目次

1 宮廷の諸形態(中世シチリアの宮廷と王権―権力中枢の変化と多文化的要素;イングランド宮廷と「ケルト的周縁」―ロジャ・オヴ・ハウデンに着目して;十四世紀フランスにおける会計院と王国財政 ほか)
2 宮廷をめぐる言葉と儀礼(宮廷批判の系譜;ミュンヘンの皇帝とマルシリオの『小擁護者』;なぜイズーは聖ヒラリウスの名にかけて誓うのか?―ベルール「トリスタン物語」v.4201の解釈をめぐって ほか)
3 広場と都市の社会的結合関係(中世都市と広場―シエナのカンポ広場を中心に;中世ヨーロッパにおける市庁舎と自治;近世パリの広場と祝祭―聖ヨハネの火祭りをめぐって ほか)

著者等紹介

高山博[タカヤマヒロシ]
1956年福岡県生れ、1980年東京大学文学部西洋史学専修課程卒業、1988年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学、1990年エール大学大学院歴史学博士課程修了、Ph.D.(歴史学博士号)取得、現在東京大学大学院人文社会系研究科助教授

池上俊一[イケガミシュンイチ]
1956年愛知県生れ、1979年東京大学文学部西洋史学専修課程卒業、1983年東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退、現在東京大学大学院総合文化研究科教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

本書は『樺山紘一先生還暦記念論集』として編纂された。

西洋中・近世における出逢いと創造の場に注目する14論文。
ヨーロッパ中世~近世の文化創造の“場”としての「宮廷と広場」。従来、西洋史研究において見過ごされてきた、このテーマをめぐる論集
執筆者一覧(執筆順):高山 博・有光秀行・堀越宏一・鈴木広和・甚野尚志・池谷文夫・藤田朋久・新井由紀夫・河原温・池上俊一・相澤 隆・高澤紀恵・細川 滋・亀長洋子